脱毛の種類と効果

エステ・クリニックで行われる脱毛には3つの種類があります。

エステで行われる光(フラッシュ)脱毛は、メラニンに反応して発熱する光を肌に照射し、毛根細胞を熱によって破壊します。肌にもメラニンが含まれていますが、出力が低いため、痛みは小さく、火傷の危険性も少ないです。しかし、効果も低くなり、十分な効果を得るには繰り返し施術する必要があります。

クリニックで行われるレーザー脱毛は、光脱毛と同じ原理ですが、より出力の高い装置を使用し、毛穴を狙って照射を行います。出力が高いので効果も高く、繰り返し回数も少なくて済みます。しかし、肌への影響も大きくなるため、多少の痛みがあり、火傷の危険性もあります。

エステ・クリニックで行われるニードル脱毛は、毛を摘んで毛穴に専用の針を挿し込み、微弱な電流を流すことで発熱させ、毛根細胞を破壊します。3つの方法の中で唯一永久脱毛の効果が認められており、1度の施術で十分な効果が得られます。また、他の方法よりも長い実績があり、長期的に見ても効果が持続することが立証されています。

ただし、毛を1本ずつ摘んで処理を行うため、施術にかかる時間が長くなり、費用も高額になります。また、毛穴に電流を流すため、痛みも非常に大きくなります。クリニックで施術を行う場合には別料金で麻酔を使用することができます。

これらの違いから、最初は光・レーザーで施術を行い、どうしても脱毛しきれない箇所に対してニードルで施術するのが負担が少なく、効果的です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ